人・環境・安全性を第一に考え開発・製造しております

MEインキ

MEインキ印刷上の故障と救済

現象 原因 救済
☆所定の色相が得られない インキの分離、沈降
インキの粘度が低すぎる
シャワーの使い過ぎ
インキの粘度が高すぎる
使いかけのインキの使用
インキの転移不良
※缶をよく振る
※新しいインキを加える
※新しいインキを加える
※MEレヂューサーで粘度調整[1]
※新しいインキを加える
※版の硬化原因[2]
現象 原因 救済
☆印刷物の乾燥不良 インキの粘度が高い
マージナルゾーン
インキの盛り過ぎ吸収の悪い紙質の場合
※シャワー、MEレヂューサーの使用[1]
※タッチの調整、版のムラ取をする
※印刷スピードによる盛りの変化に注意
⇒シャワー、MEレヂューサーの使用
※原紙の交換
現象 原因 救済
☆マージナルゾーンが目立つ 版の老朽化
タッチが強い
インキの粘度が高い
印圧が強い
インキの盛り過ぎ
※版のムラ取、又は版を交換する[2]
※タッチを調整する
※シャワー、MEレジューサーの使用[1]
※印圧の調整
※印刷スピードによる盛りの変化に注意
⇒シャワー、MEレヂューサーの使用
現象 原因 救済
☆細字や図柄がつぶれる 版の精度不良
版の洗浄不良
タッチが強い
インキの盛り過ぎ
インキが盛れてしまう印圧が強い
※版のムラ取り、高低の調整をする
※ビューティワンで洗浄する
※タッチを調整する
※シャワー、MEレヂューサーの使用[1]
※印刷スピードによる盛りの変化に注意
⇒シャワー、MEレヂューサーの使用
※印圧の調整
現象 原因 救済
☆重ね刷りがうまく出来ない 1色目インキの粘度が高い1色目インキの盛り過ぎ
1色目の印圧が強すぎる
 ※1色目(2〜3秒低く)、2色目と粘度差をつける
⇒シャワー、MEレヂューサーの使用
※シャワー、MEレヂューサーの使用
※1色目(弱く)、2色目(強め)の印圧差をかける
現象 原因 救済
☆インキが発泡する インキを2時間以上供給なしで
機上放置
増粘したインキの継続使用
※シャワーで粘度を下げる※シャワーで粘度を下げる
現象 原因 救済
☆版の消耗が激しい タッチが強すぎる
印圧が強すぎる
版の精度不良
※タッチをゆるめる
※印圧を下げる
※版のムラ取りを行う
現象 原因 救済
☆インキがゲル化する 長期の保存
保存の不適正
他種インキとの混合使用
※新しいインキ交換する
※密封保存する
※混合前に確認する
現象 原因 救済
☆印刷物の耐性不良 耐水性不良
耐光性不良
耐摩擦性不良
※特殊な印刷物の条件を満たす
適正なインキを使用する[4]

[1]MEレヂューサーの使用量は、5Kgに対し5~10%とする。
(1-1)増粘防止の為シャワーの中に、水:MEレヂューサーを半々入れておくと色相の下りかたがゆっくりになります。
(1-2)シャワーは1時間に1回程度
[2]版は硬度42度±3のものを使用する。55度以上は使用不可
◎インキ温度が10℃上がると、インキの粘度は2秒下る(冬型インキを春夏に使用する場合は注意)
◎インキ温度が10℃下がると、インキの粘度は2秒上る(夏型インキを秋冬に使用する場合は注意)
◎工場内の湿度が高くなった場合、空気中の水分をインキが吸収して色相が薄くなる場合がある(湿度80%以上)
◎工場内に空気が乾燥している場合、インキ中の水分が蒸発して色相が濃くなる場合がある(湿度50%以下)
[3]印刷スピードは、1分間に100枚程度を基準としている
[4]撥水ライナーは基本的には印刷出来ません。サンプルシートで事前チェックが必要です(特殊なインキが必要です)

製造年月日の末尾の数字が季節表示です
1.冬型 2、春秋型 3、夏型

 

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3803-6677 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 太田インキ製造株式会社 All Rights Reserved.